TOP プロフィール 光雄の想い  議員活動 回顧文禄 旅行記 サッカー リンク メール 後援会規約 入会申込み 事務所地図 

 Goto-Mitsuo

ひとづくりで、「鈴鹿」を「豊かなまち」へ   まちは、ひとがつくるもの 心豊かなひとづくりのために・・・

鈴鹿市議会議員 後藤光雄 

広報すずか倶楽部 第2号

2010年2月22日の中日新聞に折り込みました「広報すずか倶楽部 第2号」Web版を公開しました.


 アメリカにオバマ大統領が誕生し、日本でも政権交代が起こり、世の中のあちらこちらで「チェンジ」が叫ばれています。

 鈴鹿市議会は平成22年2月22日現在、31名の議員で6会派と2諸派で構成されており、すずか倶楽部は、3期目の原田勝二(21年度 副議長)2期目の後藤光雄(議会運営委員会 副委員長)、南条雄士(生活産業常任委員会 委員長)1期目の中西大輔(建設水道常任委員会副委員長)の議員4名が、それぞれの経験と個性を活かし、鈴鹿市の「チェンジ」のために発言を続けています。

 鈴鹿市政も、市民の安心安全な暮らしを保証することはもちろん、夢を持って暮らせるまちづくりが行われるようにと、すずか倶楽部は願っています。

 平成20年度、21年度の会派の取り組みの一部を、すずか倶楽部だより第2号としてまとめました。

 お読みいただいたご意見、鈴鹿市議会、鈴鹿市への要望などを、ぜひお寄せください。

すずか倶楽部 会派長 後藤光雄


戻る