戻る

kingdom of SWEDEN

 教育部会4回目の海外ミッションは、北欧スウェーデンのストックホルムとヨーテボリ、2つの街の学校等を訪問した。

 

1995.5.27-6.3

スウェーデンミッションを終えて

部会長 後藤光雄(鈴鹿JC)

日本青年会議所教育部会発行

スウェーデンミッション報告書より

   私は第1回のドイツ、第3回のイギリスに次いで3回目の参加。4回のミッション全てに参加していただいている伊藤先輩に敬意を払い、担当として企画立案してくれた加納委員長、山下担当副理事長に、感謝しています。

 

実際に訪問する前の私のスウェーデン観というのは、ノーベル賞、高福祉高負担、白夜、バイキング、開けた男女交際、程度の週刊誌的な情報しか持ち合わせていなかった。何も知らなかったと言った方が良い。

 

ただ、例えば日本人が高福祉を望んだとしても高負担は望まないだろう。そのぐらいの考え方が違うとして、その国の人達の生活を見ることによって、何か得られることがあるだろうというのが素直な気持ちであった。

5月13日の加納委員長によるスウェーデン勉強会で、国の成り立ち等もう少し深く知ることができ、また、同行する人達と懇親してミッションがきっと楽しいものになるだろうという予感の中で5月27日を迎えた。

次へ