三重県鈴鹿市議会議員 後藤光雄

TOP プロフィール 光雄の想い 議員活動 回顧文禄 旅行記
サッカー トピックニュース 庁舎工事 後援会 リンク メール

 

ひとづくりで 鈴鹿を「豊かなまち」へ・・・

HTML

.

鈴鹿市議会議員 後藤光雄

2018年 新春にあたり

年末の東京「アメ横」でスキーウェアーをショッピング。
観光客と年越しの買い物客らで本当ににぎわっていた。
我が家にとっては恒例の年末スキーも、子どもの成長とそれぞれの都合で日程を合わすことができなかった年越し。しばらくは続きそうな気配に寂しくもあり嬉しくもある複雑な心境。

晦日の東名・新東名高速は混雑するだろうと、中央高速で名古屋まで。時間距離ははるかに遠い中央高速を、渋滞もなく懐かしい景色の中を走ることができた。交通情報では東名・新東名高速道の事故渋滞をお知らせしていたことを考えるといい選択ができたと思う。
が、よく考えると選択肢が増えていることに感謝すべきだ。

大晦日のお寺は除夜の鐘もあり、にぎわい集う参拝の人たちへの準備で結構多忙に過ごしている。睡眠不足にもかかわらず、新年初日の出を第一さくら幼稚園の津波避難用の屋上から拝むことができた。2018年がいい年でありますようにと願う。

4日から6日まで恒例のスキー教室に40名の子どもたちが参加してくれた。今年で34回目の開催。参加者が20名を切る年が2年続いたけれど、スキー教室をやめなかったことを本当によかったと思う。迎えてくださる民宿大屋さんの食堂はリフォームされていたけれど、34年の歴史を伝える集合写真が整然と並べてくださってあったことに感謝。感謝。
50回まで続けられるだろうかと、村長を務める民宿の主と互いの健康を願いあった。

何かと感情がぶつかり合う子どもにじっくり話を聞いた。一人っ子と兄を持つ子。感性が似ている二人が、一人っ子故に気の向くままに行動できる姿を、兄弟がいる故に兄から、親から注意の言葉を受けている子が、日頃受けている言葉を投げかけて衝突していることに気付く。そんな気付きで子どもたちの顔が、表情が本当にやさしくなった。学年も学校も違う子どもたちが集うスキー教室のもう一つの成果に継続しようと強く思った。

人は、自分の存在は周りの人の中にある。
自分の存在を証明できるのは、他人でしかない。故に周りの人の心に残る生き方をすべきだと子どもたちに伝えてきたことを、改めて思う。

年賀状の挨拶です
恭賀新春
子が育ち 夫婦と犬3匹との生活が続いています
犬たちの その存在が生活のリズムを作ってくれて
3匹それぞれの個性が また楽しみを提供してくれる
旭の あのオレンジ色を浴びることで体内時計が整い
陽の七色の 紫の光が視力の維持に役立つという
自然の力の偉大さに 生かされていることに感謝したい
無意識に増減する呼吸や心拍の機能のように
周りの力と 己の意思が 可能性を生み出していく
生きている 活かされていること念頭に過そうと思う
本年も 真吾・史・三知・健斗 ともども
よろしく お願いします

2018年元旦

 

12月を振り返って

今年も4回 餅つきをした
幼稚園児と2回 卒園児が集まる
スポーツクラブの家族とともに
そして 我が家のお餅つき

杵と木臼は 親の代からの年季物
ヨモギ餅を搗きながら 母の姿を思い出し
杵を振り下ろしながら 父の姿を思う

「力じゃないよ」と笑う父の姿
「なんの」と息を弾ませる自分の姿
道具が 同じ作業が昔を呼び起こす

地元の小学校に出向き餅つき体験を
提供した人は 餅つき機を使って捏ねてから
子どもたちに 杵を持たせて搗いたそうだ

「伝統」「継承」とは時間かかるもの
餅つき機を使った餅つきは時間を考えたもの

一斉に薪炊き 米の蒸し 餅つきを
体験させられるだけの人と道具が集まる
そんな餅つきの経験をさせてあげられたら
子どもたちに残るもの 伝わるものが
変わってくるだろうな と思う

除夜の鐘をつきに来る若者の姿をみて
年越しイベントに 参加はしているが
除夜の鐘の意味 年をまたぐ儀式の意味を
伝えておかないと 彼らの子どもには
伝わらないだろう と思う

簡単に 早く で進歩する文明社会
流れる 伝えるべく文化の継承には
想いと 時間と 多くの手を必要とする
地域が 同じ思い 同じ時間を共有できる
心のふるさとづくりの 必要を
強く感じた12月

2018.01.18 後藤光雄

 

平成29年12月定例会

一般質問

 

12月定例会で一般質問をさせていただきました。傍聴へお越しいただいた、また、テレビでご覧頂いた皆様、誠にありがとうございました。ぜひとも率直なご意見、ご感想をお聞かせいただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

平成29年12月5日(火)
14:30頃〜

1.水素ステーションの活用について

 1)市役所に設置したSHSの能力と稼働状況

  ① 燃料電池自動車(FCV)の
   登録数と水素充填の現状

 2)鈴鹿市水素社会ロードマップについて

  ① マップに示した、2020年HS2ヶ所、
  FCV210台に向けての取り組みについて

2.公園の草刈りについて

 1)草刈りの方法と経費の現況

 2)今後のあり方について

市長のお考えを伺います。

議場での傍聴、ケーブルテレビでの視聴、お時間ありましたらごらんください。

■過去の議事録はこちら

録画中継

★メール info@goto-mitsuo.net

ぜひ皆様のご意見・ご感想をお寄せください!

 

鈴鹿に生まれて…、

鈴鹿に住んで…、

鈴鹿にやってきて、

『本当に良かった』

と、いえる まちづくり

あなたも ともに考え、

ともに 行動しませんか

 

ご意見・ご感想・ご要望など、

なんでもお気軽にお寄せ下さい!

info@goto-mitsuo.net

新着情報
2018.01.19 2018年新春にあたり
光雄の想い: 12月を振り返って
12月の活動記録
1月の予定

鈴鹿市の人口,三重県の人口
2018.01.10 平成29年12月定例会一般質問議事録を掲載しました.
光雄の想い: 11月を振り返って
11月の活動記録
12月の予定

鈴鹿市の人口,三重県の人口
2017.11.18

光雄の想い: 10月を振り返って
10月の活動記録
11月の予定

鈴鹿市の人口,三重県の人口
2017.10.07

光雄の想い: 9月を振り返って
9月の活動記録
10月の予定

鈴鹿市の人口,三重県の人口
2017.09.22

光雄の想い: 8月を振り返って
8月の活動記録
9月の予定

三重県の人口
ブログ Go! Go! 後藤光雄

 >>>更新履歴

 

鈴鹿市の人口

201,175人

(2017年12月31現在)

★鈴鹿市人口の詳細

三重県の人口

1,799,287人

(2017年12月1日現在)

★三重県人口の詳細

 

完成しました!! (2006/12/22)

鈴鹿市庁舎 建設中

  工事現場の写真を

     ご覧いただけます

.

鈴鹿市新庁舎

建設工事資料

 

建設現場を視察した際、鈴鹿市より配布された資料です。

11月12日朝9時20分頃、23号線を南へ走行中に鈴鹿市庁舎を包み込むように虹の橋が端から端まできれいに見えていました。本当に住んでよかったと云える鈴鹿市の明るい未来への懸け橋を求めるかのような虹の橋でした。

2006.11.21 後藤光雄

 

トピックニュース

■「オンリー・ワン・ライフ(たったひとつの命)」 2006.11.21

.

回顧文禄

■寄稿文・挨拶文などを綴りました後藤光雄の考え方、理念などがわかります

 

議員活動

質問の議事録や、活動記録などがご覧いただfけます。

平成29年12月定例会の議事録はこちら

平成28年3月定例会の議事録はこちら

平成27年9月定例会の議事録はこちら

平成27年6月定例会の議事録はこちら

平成27年3月定例会の議事録はこちら

平成26年12月定例会の議事録はこちら

平成26年9月定例会の議事録はこちら

平成26年3月定例会の議事録はこちら

平成25年12月定例会の議事録はこちら

平成25年6月定例会の議事録はこちら

平成25年3月定例会の議事録はこちら

平成24年12月定例会の議事録はこちら

平成24年9月定例会の議事録はこちら

平成24年3月定例会の議事録はこちら

平成23年12月定例会の議事録はこちら

平成23年9月定例会の議事録はこちら

平成23年6月定例会の議事録はこちら

平成22年3月定例会の議事録はこちら

平成21年12月定例会の議事録はこちら

平成21年9月定例会の議事録はこちら

傍聴の仕方はこちら

CNSでの中継もございます。どうぞご覧下さい。

 

すずか倶楽部

後藤光雄が所属する会派。
ホームページにどうぞお立ち寄り下さい!

 

後藤光雄事務所

〒510-0254 三重県鈴鹿市寺家3丁目6番44号

 TEL/FAX 059-387-6651 E-mail info@goto-mitsuo.net

このサイトはリンクフリーですが、ご一報くだされば幸いです

 サイト内の全ての情報の無断転載はお断りいたします